建設業許可申請手続 新規 更新申請 変更届出 東京都 埼玉県 神奈川県 千葉県

建設業許可申請 宅建免許 通常ページ2 通常ページ3 通常ページ4 通常ページ5

建設業許可申請手続

建設業許可申請

建設業許可申請とは、建設業を営もうとするものは一部の例外を除き建設業の許可が必要です。
建設業許可には、28種類の業種があります。
この業種ごとに、許可を取得しなければなりません。許可を受けたい建設業の検討が必要です。
例えば、土木一式工事、建築一式工事、内装工事業などがあります。
建設業許可を取得するにあたって、この業種の選択が重要になります。



建設業許可申請

建設業許可申請手続で、まず経営管理者と専任技術者の要件を満たしているかを検討しなけらばなりません。

経営管理者や専任技術者の要件は、厳しく建設業を始めるには計画的に行う必要があります。

もし、この要件を満たす人材が確保できない場合、建設業の許可の取得は困難となります。

経営管理者

建設業許可申請における許可要件の一つに経営管理者の要件があります。
経営管理における実務経験が5年以上なければなりません。

この5年間の経営管理者の要件を満たすことができずに、建設業の許可を取得できないケースがあります。

以前の会社で取締役の経験が必要になります。

専任技術者


専任技術者の要件は実務経験と資格が必要です。
専任技術者の要件は、実務経験があることを第三者が証明しなくてはなりません。
この証明を得ることができず、建設業の許可が取得できない場合があります。
建設業許可の重要なポイントは、この証明が取得できるかにかかっています。
この証明書類の取得に全力を尽くしてください。

資本金が500万円必要です。


建設業許可の要件で最大難点は資本金の500万円でしょう。

ここにホームページの内容を書いていきます。ここにホームページの内容を書いていきます。
ここにホームページの内容を書いていきます。ここにホームページの内容を書いていきます。
ここにホームページの内容を書いていきます。ここにホームページの内容を書いていきます。