当事務所では、リサイクルショップ始められたい方のサポートを業務としております。 お気軽にご相談ください!一度検討されるのも良いかもしれません。

リサイクルショップを始める秘密の方法とは


お電話による初回ご相談料/30分5000円~(無料ご相談不可。但し料金、依頼等の問合せは除く。) ※お電話受付(9:00~20:00、365日・土日祝日でも受付中)、メールは24時間・年中受付中(メールアドレスは下に記載)

メルマガ登録(下段リンク先から、又は直メールにて受付)していただければ、法務の専門家がネットに掲載してないノウハウ情報をお教えします。



必要最小限の手続きと労力でリサイクルショップを始める秘密の方法とは!


リサイクルショップを始めるのに何をしなければならないでしょうか?

  • リサイクルショップを始めるの知らなければならない法律は古物営業法でけと誤解していませんか?
  • きびしく規制されている合法で線引き方法をアドバイスしたします
  • 警察による定期監査に指摘をうけないようなアドバイスをいたします
  • プレートの作り方についてアドバイスいたします

中古品やリサイクル品を扱うリサイクルショップを開業するには、古物商の免許が必要になります。

実は、古物商免許の取得以外にも様々な法律があり、それらを知った上で開業しなければなりません。

古物商免許取得手続にともなうお客さまの負担を軽減いたします。

最近、個人でせどりなどの転売ビジネスなんかも流行っていますね。 古物商許可が必要になるでしょう。

リサイクルショップを個人事業主でやるか法人でやるか


リサイクルショップを個人事業主で開業するか、または法人で創めるか、どちらがよいか質問をよく受けます。

どちらがよいか答えに困ります。 事業をするうえでリスクはつきものです。

個人事業主ですと事業によって受けた損害を個人事業主の固有の財産までおよびます。

個人事業者の名義で持っている不動産屋や自動車などの財産が、事業で失敗したら差押えを受けることがあります。

法人は法律上社長個人の財産には及ばないとされています。有限責任といわれるものです。
社長が債権者に迷惑をかけたくないという理由で責任をかぶるのがほとんどですが。

また、法人で開業しますと、帳簿会計の記帳の仕方が複式簿記で行わなければなりませんので、たいへん手間がかかり面倒です。

開業当初は個人事業主でスタートして、経営が軌道に乗った段階で法人に移行するのがよいでしょう。

法人設立は税金対策に有効です。




古物商許可取得~個人事業主許可

古物商許可取得


古物商許可の取得に要する日数は、申請を受理した後許可までの標準処理期間は受理の日から50日ほどです。

個人事業主で古物商を取得


ネットオークションやフリーマーケットの場合には古物商の許可が必要か?

結論から言いますと、家庭にある不要品を売る程度なら許可は必要ないと考えられます。

しかし、自己使用などの自分で使うために買ったが未使用品以外の物品を反復継続して販売する場合には、古物商の許可が必要になるでしょう。

したがって、最初から転売が目的で購入した物(未使用・中古品を問わない)を売る行為も含まれることになります。

もし古物商の許可をとらずに営業を行う違反を犯した場合は、三年以下の懲役又は百万円以下の罰金となります。

メルマガへのご登録をしていただいた方に、「無料レポート」無料をプレゼントいたします!


※PCやスマホ・携帯電話のメールアドレスで登録できます。知りたい情報欄には「リサイクルショップ」とご記入ください。

リサイクルショップ開業手続き~相談事例集

  • 個人事業主
  • 法人申請手続き
  • 個人申請手続き
  • リサイクルショップ
  • ネットオークション営業許可
  • ネットオークション携帯サイト
  • 商品 出品 初心者
  • 携帯オークション
  • ヤフオク、ヤフーオーション