太陽光発電所用地の賃貸借の法律!太陽光発電用地の土地売買契約書作成手続について、サポートを業務としております。お気軽にご相談ください!

太陽光発電所用地の売買・賃貸借に~クーリングオフ?

太陽光発電所用地の賃貸借の法律


当事務所では、太陽光発電所用地の売買・賃貸借の法律に関するアドバイスをうけたまわります。

あなたは、太陽光発電所施設を建設する土地や用地を賃貸する法律をご存知ですか?

定期借地権に基づき土地の上に太陽光発電事業所を営んでいる業者が多いようです。

土地に関する法律はさまざまあり複雑です。 あなたはどのような法律があるか想像できますか?

太陽光発電事業を営もうとする者は、さまざまな法律の規制があり、それらをすべて把握することは困難です。

太陽光発電所を設置する場所を規制する法律は、民法などの法律が考えられます。 その他に農地法などの土地に関する法律が関係します。農地を売買するには、都道府県知事の許可を受けなければらならない。

太陽光発電事業用地の賃貸借には、借地借家法が適用されません。


太陽光発電所の事業をやる前に許認可が必要か?


太陽光発電所の土地を借りるのに、複雑な土地の権利関係が絡んできます。

20年間にわたり、土地を賃借し続けなければなりません。

太陽光発電事所などの工作物の用地の賃貸借に関して困ったことに法律で十分保護されていません。




  

太陽光発電所用地の賃貸借の法律~何がある?

太陽光発電所用地の賃貸借の法律の主なものは!


太陽光発電事業用地の賃貸借には、借地借家法が適用されません。 では、適用される法律を列挙しますと、下記のようになります。

     【1】民法
     【2】特定商取引法
     【3】消費者契約法
     【4】特定商取引法


太陽光発電所用地の賃貸借でクーリング・オフを受けることまあります


あなたは、驚かれることでしょう。

太陽光発電所用地や土地の賃貸借に関して、借地借家法が適用されません。 さらに、太陽光発電所用地や土地の売買、賃貸借の仲介、媒介に関して、宅地建物取引業も適用されないのです。

なぜなら、宅地建物取引業法は、建物が建つ宅地とその建物の取引を規制する法律であるからです。 つまり、太陽光発電所は建物に該当しないのです。

宅地建物取引業の免許を取得せずに太陽光発電用地の土地売買に関して参入できるのです。

しかし、太陽光発電所用地や土地の売買、賃貸借の仲介、媒介に関して特定商取引法が適用されることもあるのです。


太陽光発電所用地~相談事例集

  • 太陽光発電所用地
  • 太陽光発電所用地
  • 太陽光発電所用地
  • 太陽光発電事業は、下表の示すとおりとなります。


      



業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務

民事法務系