出張訪問買取契約は違法と隣り合わせです。


お電話による初回ご相談料/30分5000円~(無料ご相談不可。但し料金、依頼等の問合せは除く。) ※お電話受付(9:00~20:00、365日・土日祝日でも受付中)、メールは24時間・年中受付中(メールアドレスは下に記載)

メルマガ登録(下段リンク先から、又は直メールにて受付)していただければ、契約書作成の専門家がネットに掲載してないノウハウ情報をお教えします。


しかし、大金を稼ぐ方法があります


貴金属やブランド品などの訪問買取は、違法スレスレですので、出張訪問買取や訪問購入契約書の作り方は、工夫をしないとトラブルに発展する危険性があります。

  • 無料査定後の買取は違法ではないか?
  • 買取依頼以外の物品を買取ると違法ではないか?
  • 契約書類に不備がありクーリング・オフ期間8日経過後にクーリング・オフを主張してきたときの対応はどうしたよいか?
  • 買取物品を転売した後に、契約書類の不備からクーリング・オフを言ってきたらどう対応したらよいのか?
  • 契約書類に不備がありますと、クーリング・オフが5年に延びます。転売していたら買取代金以上の損害賠償を請求されます。
  • パラソル買取(他店の店先を間借り)の対応はどうしたらよいのか?
  • アポなしの訪問買取は違法か?
  • 買取数が多い場合の買取方法のテクニックはないか・・・・合法的な方法がある

このような規制がきびしい分、メリットも大きいのです。

実は、犯罪の不安感をすることなく合法的に訪問買取ができる方法があります。


参入者が少ない今がチャンス


プラチナ、金、シルバーなどの貴金属のその他の物品の訪問購入や訪問買取の全般が原則できなくなりました。

近年、不招請勧誘が禁止されました。そのため訪問買取をやめた業者が多かったのです。

不招請勧誘とは、お客から買取依頼の要請がない、アポなしの訪問買取が全面的禁止ということになります。

つまり、飛び込み営業的な訪問買取ができません。

勧誘を要請していない物品の買取や○○○○は、勧誘の仕方によっては不招請勧誘行為という違法行為となるおそれがありますので、訪問買取は違法と隣り合わせの厳しい規制となります。

あなたがお使いの買取契約書は、消費者センターが介入したという経験はございませんか?

訪問買取は、違法行為スレスレの勧誘ということになります。消費者センターに通報されたら終わりです。

また最近警察の捜査を受けたという相談が多く寄せられています。


張訪問買取・購入契約書~クーリングオフ対応



わずか1日の労働で
一か月分の収入をえることも
夢ではありません。


規制が厳しいので訪問買取の参入者は少ないのが現状だったのですが、最近参入者が増えています。 あなたはビジネス・チャンスを逃してはいけません。

当事務所では、その違法スレスレの訪問買取・訪問購入の契約書をある秘策を施すことによりトラブルを防ぐ工夫がされています。

そこで、トラブルを起さないための訪問買取・訪問購入契約書を作ることが肝心です。

弁護士さんより、すごく怖い消費者センターの力とは?

また当事務所で契約書作成依頼を頂い方に、数々の契約トラブルを回避してきた解説マニュアルもお付けします。訪問買取は出来たばかりの法律で詳細な解説書はどこにもなく当事務所でしか販売していません。

他社にない完全マニュアルです。その他無料電話相談とメール相談付です。

最新法令に対応した訪問出張買取契約書と
訪問出張買取の秘密の完全解説マニュアル

今すぐに入手できます!


当事務所では、クーリングオフ対応の訪問出張買取契約書の作成を承ります。 その他に無料特典として秘密アイテム・解説書もお付けします。


弁護士・消費者センターに勝つ契約書の作成方法


契約書の作成には緻密な判例分析が不可欠です!


買取契約書は法律に則り修正しなければ使用不可です。


出張訪問買取契約書~違法と隣り合わせの厳しい

一歩間違えば違法になると出張訪問買取・・・


店舗での貴金属等の物品買取は、特定商取引法の規制はありません。

しかし、出張訪問買取・訪問購入が平成24年特定商取引法の改正により、規制されることになりました。

アポなし飛び込み訪問の購入や買取が禁止されていますので、訪問買取自体は禁止されていません。

最近、訪問買取を行った業者が逮捕されています。

通常、お客が店舗に来訪した場合の販売行為には、特定商取引法の適用はありません。

出張買取契約書の作成次第で違法問題は解決します


近年、特定商取引法が改正となり、訪問買取も規制されるものとなりました。

出張訪問買取が規制されたことにより、今後は法律にのっとった訪問購入の売買契約書の作成が義務付けられます。

そこで、訪問買取の契約書を作成するうえで、参考になるのは訪問販売契約書です。

しかし、このまま使用するとクーリング・オフになりますので、大幅な修正が必要です。 この修正にも法律の専門的な知識が必要です。

また、出張買取契約書だけあればよいというわけにはいきません。 出張買取契約書の使い方と、その使い方の根拠である基本的な法律の知識が必要です。例えば、商品名の記入の仕方には法律の決まりがあります。

弊社では、クーリングオフに対応する出張訪問買取契約書の作成も承ります。 プロの法律家による「契約書作成代行」サービスを利用ください。

当事務所では、訪問買取・訪問購入契約書の作成実績が多数あります。





出張訪問買取・購入の~合法ノウハウ

出張訪問買取は違法なのか?


改正前特定商取引法では、商品販売や有償役務等を規制していましたが、訪問購入や訪問買取に関しては規制されていませんでした。

ところが、訪問買取・訪問購入のトラブル問題を背景にして、特定商取引法が改正され訪問買取・訪問購入全般に規制がされることになりました(平成24年8月22日特定商取引に関する法律の一部を改正する法律第59号)。

訪問買取・訪問購入の改正内容は、クーリングオフ制度の導入、勧誘を希望しない者への勧誘禁止(不招請勧誘の禁止)、勧誘を受ける意思の確認義務などです。

出張訪問買取を合法的に行うことができるヒントはここです。これを契約条項にどのように表現するかです。

間違った出張訪問買取契約書や契約書ひな形販売業者、印刷業者支給の間違ったものを使い続けています


これらの業者は契約書作成の法律資格がなく、契約書を作る能力はありません。 印刷業者はお客から支給したものをそのまま印刷しけなればなりません。 印刷業者が修正や作成をしたら弁護士法や行政書士法に違反します。

無資格者で契約書の作成相談を謳う業者がいますが、これらも弁護士法に違反します。 間違ったものを作成・支給しても平気で商売をしているものもいます。 また、もしこのような業者がいたら行政書士会や弁護士会に通報して損害賠償を請求してください。 このような業者がいたら私にご一報ください。通報いたします。

そこで、あなたは他社を出し抜くためには契約書作成の専門家である行政書士作成の本物の契約書を入手してください。

間違った出張訪問買取契約書を使い続けますとクーリングオフになります。




訪問買取は全面禁止されました

これから10年後生き残れる企業の条件とは、何か?


今、訪問買取は全面禁止されています。

未だにアポなしの訪問買取を行っている事業者が後を絶ちません。アポなし買取の対策はどうすればよいのか。

また、訪問買取を行わないビジネスモデルはあるのか。

メルマガへのご登録をしていただいた方に、無料レポート「訪問買取契約書マニュアル」をプレゼントいたします!


※PCやスマホ・携帯電話のメールアドレスで登録できます。情報欄には「訪問買取」とご記入ください。

ご相談いただきました~お客様からの声

  • 〇〇〇〇(秘密のアレ・・・)のおかげで、クーリングオフを受けず、消費者センターがクーリングオフできないと言った。(福岡県)
  • 5年前に契約書の作成を依頼しましたが、1回したクレームを受けなかった。(東京都)
  • この値段で、安心が買えれば安い。(東京都)
  • 契約書のこの部分は作らなかった。(神奈川県)
  • ここまで作り込んだ契約書は今まで見たことがありません。(大阪府)
  • 秘密のアイテムとは何ですか?気になります。教えてください。(大阪府)
  • クーリングオフが起きないので、売上が安定しています。(埼玉県)
  • 先生のおかげで法律関係で指摘されるとういう恐怖心から解放された思いです。(浜松市)

この古びたファイルには今まで作成した契約書のひな形のノウハウがぎっしり集積しています。あなたが欲しいものはこのファイルの中にありす。


今まで当事務所に契約書作成をご依頼いただいた方の業種は、美容医療外科院、全国展開されいる探偵社、探偵業務調査委託契約書、リフォーム工事請負契約書、塗装工事契約書、布団販売契約書、寝具リース契約書、リース契約書、外壁補修塗装工事契約書、浄水器販売契約書、レンタル契約書、健康食品販売契約書、ハウスクリーニング契約書、貴金属買取契約書、訪問購入契約書 保守点検サービス契約書、太陽光発電工事契約書、太陽光発電パネル販売契約書、太陽光パネルリース契約書、宝石販売契約書、浄水器レンタル契約書、浄水器リース契約書など多数です。

特定商取引法・消費者契約法編~相談事例集

  • クーリングオフに対応する出張買取契約書
  • 訪問買取契約書にはアレが...必須
  • キャッチ・セールスに対応する契約書
  • 古物の買取契約書
  • 買取売買契約書
  • 訪問購入契約書
  • 貴金属の訪問購入は実質禁止ですが・・・合法
  • 訪問購入
  • 有料査定の対応はどのようにしたらよいのか?