探偵業は依頼者とトラブルが多発する業界

探偵業法に基づき契約書類の作成義務化


探偵業法が成立した背景には、探偵業者による探偵絡みのトラブルやもめ事がありました。

現在でも状況は変わりません。

とくに、依頼者が調査料金や調査内容の不満をめぐるトラブルが非常に頻発しています。

このため、依頼者が探偵業務を委託するにあり料金や調査内容を明瞭にしたうえで重要事項説明書をわたします。

調査委任契約書が必要で、依頼者に契約書類等の交付義務がありま。(探偵業法第第8条)

この契約書類の不交付による指示・行政処分の対象になります。(探偵業法第14条・15条)

監督官庁である警察はこれらの契約書類の不交付や不備について厳しく指導し、営業停止命令を受けている探偵業者もいます。





      



業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務