産業用太陽光発電システム工事契約書
の作成にかかわる法令は
8~10種類程度かかわっています

あなたはこれをすべて
ご存知ですか?

産業用太陽光発電工事契約書作成~大金を稼ぐ


お電話による初回ご相談料/30分5000円~(無料ご相談不可。但し料金、依頼等の問合せは除く。) ※お電話受付(9:00~20:00、365日・土日祝日でも受付中)、メールは24時間・年中受付中(メールアドレスは下に記載)

契約書作成の専門家がネットに掲載してないノウハウ情報をお教えします。



産業用太陽光発電システムの装置や設備は高額です


よって、販売するにあたり契約書の作成は慎重に行わなければなりません。

産業用太陽光発電システム工事請負契約書の作成は、契約書の中でも難しい部類に属します。

なぜかと言いますと、民法の体系的な知識を身につける必要があります。 たとえば、民法には大きくわけて物権法と債権法というものがあります。

法律を知らない人は物権法がかかわる契約条項のところをいじるんですね。 この物権法か係る条項はいじっちゃいけないんですね。

下手すると、契約自体が無効になってしまう恐れがあります。

工事の種類ごとに契約書の形式や条項が全く相違し、契約書の作り方にいちじるしい相違があるからです。


太陽光発電の設置工事や太陽光パネルの販売などの法令とは


それは、建設業法、宅建業法、電気工事業法等の諸法令が絡んできます。

免許や資格がない事業者で太陽光発電の事業に参入するために、契約書の作成をするときに通常の請負契約書では違反になる場合があります。

つまり、無資格者でも業務ができるように資格や免許を回避できるような契約書にしなければなりません。相当のテクニックになります。

産業用の太陽光発電システムを一般消費者に販売するときは、消費者トラブルが避けなければなりません。




産業用~太陽光発電工事請負契約書作成代行

太陽光発電工事請負契約書の作成には諸法令の把握がまず必要


太陽光発電システムの設置工事の契約書を作成する場合に、検討しなければならない事項とは、契約内容やサービス内容を特定することです。

太陽光発電のようなシステムが複雑な商品を販売するような契約書では、その取引や契約内容が複雑になりがちです。

この商品やサービス内容によっては許認可がかかわってきます。 たとえば、500万円以上の工事を請け負うには建設業の許可が必要であったり、不動産の取引には宅地建物取引業の免許が必要になります。

これらの許認可なければ、これらを回避するように契約書を作る必要があります。

このような複雑な契約書を作成するには、あなたにとって不利な契約条項のに記載ミスを犯す危険性があります。

当事務所では、契約書の契約締結ノウハウ、使用方法、注意点等のマニュアルもご用意いたしますのでご利用下さいませ。


太陽光発電工事請負契約書作成代行


太陽光発電システム工事請負契約書を作成する前に、業者さんが今までに使用していた契約書の問題点の検討から始めます。

一番重要な検討項目は見積書や仕様書等となります。

太陽光発電システムの設置や工事に関する契約では、商品・サービスの契約内容より技術的で専門的な事項が多くなります。

この専門技術的な事項の把握が契約書作成にとって重要となります。


産業用の太陽光発電と~クーリング・オフ

産業用の太陽光発電の工事請負契約ですと、クーリング・オフは関係ないと思われがちです。


産業用なので特定商取引法の適用が除外されると考えられていますが。 しかし、法律解釈は不可解な結論を導きます。これらの対策も考えなくてなりません。

事実、上記のようなケースで消費者センターが介入したとお客様からご報告がありました。

よって、定型化された太陽光発電契約書は使用しすますと、思わぬトラブルに発展します。

このため、一般販売されている工事請負契約書でもクーリング・オフされるという、ご相談を受けることがあります。

わたしもよく分からないのですが、クーリングオフを受けるような工事契約書の雛形を堂々と販売している業者がいるんですね。

ネットで公開されていますので、チェックするのですが、何であんな物売っているのか理解に苦しみます。

専門家によるリーガルチェックを受けていない契約書の雛形がクーリングオフや契約トラブルを惹起している原因となっています。

一般販売されている契約書はその他にも、いろいろな問題点があり使用は控えるべきでしょう。

契約書の作成や修正は、資格保持者である行政書士や弁護士でなければ業として行うことができません。

太陽光発電システム設置工事契約書の記載ミスや不交付でクーリング・オフ、行政処分、その他逮捕者も続出していますので、契約書の作成には細心の注意を払わなければなりません。


再生可能エネルギーの見直しする議論が活発です

これから10年後生き残れる事業の条件とは、何か?


今、再生可能エネルギーの見直しする議論が活発です。

なった場合の対策はどうすればよいのか。


経営者様・事業者様が最低限知らなければならない法律知識とは




美容医療外科院、全国展開されいる探偵社、調査会社、探偵業務調査委任契約書、太陽光発電システム工事請負契約書、太陽光発電パネル販売契約書、 太陽光パネルリース契約書、リフォーム工事請負契約書、外壁塗装補修工事請負契約書、浄水器販売契約書、健康食品販売契約書、ハウスクリーニング契約書、布団販売契約書、教材販売契約書、葬儀契約書、貴金属買取業者、防犯カメラ保守点検会社など多数です。

太陽光発電請負契約書~相談事例集

  • 太陽光発電システム工事請負契約書
  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 太陽光発電請負契約書
  • パワーコンディショナー、パワコン
  • 訪問営業
  • 太陽光発電パネルリース契約書
  • 特定商取引法 ソーラーパネルモジュール販売契約書
  • 太陽光レンタル業務請負契約書
  • 従業員に対する日頃の契約締結スキルの向上を指導する必要があります。

業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務