LED照明販売契約書の不備だけで
あなたを犯罪者にするなんて
訪問販売はなんて
ひどい法律なんだ

あたなたの売上を減少させない
LED照明販売設置契約書の作り方の秘密

LED照明販売、シーリング設置工事契約書作成代行


お電話による初回ご相談料/30分5000円~(無料ご相談不可。但し料金、依頼等の問合せは除く。) ※お電話受付(9:00~20:00、365日・土日祝日でも受付中)、メールは24時間・年中受付中(メールアドレスは下に記載)

ご相談は、訪問販売を行う経営者様・事業者様が経営戦略上知っておかなければならない法律やノウハウ情報(ネットに掲載してない有意義な情報)を専門家がお答えします。



訪問販売は儲かります。資格や学歴は必要ありません。参入規制もありません。


しかし、訪問販売や訪問営業が違法でクーリングオフ・トラブルとなり会社を潰すことがあります。

それは、LED照明販売・シーリング設置契約書は下記のようなときに、クーリングオフ期間8日がすぎた後でもクーリング・オフされます。

  • LED照明販売契約書にミス・不備があり、クーリングオフをうけ全額返金
  • ちょっと強引に販売してしまい全額返金
  • 本人には納得してもらい契約をしたが、家族から反対されそうだ。
  • セールスに熱がはいり、オーバートークとなってしまった。
  • 消費者センターが紛争に介入してきた。代金全額を返還しろと言われた。
  • 警察に詐欺で逮捕された。弁護士費用で手痛い損失と疲労が...
  • ネット上の契約書のひな型を使い、クーリング・オフをうけた。

当事務所では、あなたの会社の売上減少の原因(クーリングオフなど)を取り除いて、トラブル解決を有利にみちびく二つの秘密アイテムを無料で差し上げます。

詳しくは下記の無料特典のリンクへ


当事務所が作った契約書の威力とは


私が作った「LED照明販売、シーリング設置契約書(もちろん訪問販売・訪問営業用対応)」を渡した契約トラブルの相手が消費者センターに相談して見せただけで、センター職員から「もう契約解除できませんよ」と言われたとの事です。

このように、このLED照明販売、シーリング設置契約書を既に使っている顧客からご報告をいただいきました。

こんなクーリング・オフを起さない便利な契約書どこにも売ってませんよ。

ただし、非常識な勧誘の方法ですと、回避は難しいでしょう。例えば、嘘を言う勧誘です。

大金を稼ぐ、儲かる
売上を減らさない
クーリングオフ・トラブルがない

LED照明・電球販売、シーリング設置契約書が
今すぐに手に入ります。


あなたは、訪問営業・訪問営業を行うときのきびしい法律の規制をご存知ですか?


店舗や営業所以外の場所での取引または契約締結を訪問販売であると、広く定義して規制されています。

あなたは、訪問販売が飛び込み営業のみを意味するものではないことをご存知でしたか?

とにかく訪問販売はかなり厳しく規制しています。その中で一番厳しいものは契約書面交付義務です。

この契約書面の条項やらの記載事項に間違いは絶対ゆるされません。

速攻、クーリング・オフになります。
また詐欺で逮捕されることもあります。


最近、契約書の不交付や不備を突いて、警察が詐欺で逮捕するという相談が多いです。

そのような方と綾瀬駅の喫茶店でお会いしました。警察が購入者に聞取り調査を行うたびにクレームとクーリングオフを受ける地獄を味わったと言ってました。

警察がクーリングオフ・トラブルを詐欺で立件する理由があるのです。ここでは詳しいことが省略しますが。

ネット上の雛形や印刷屋支給契約書、複写印刷式、友人から譲りうけた契約書を使用していたことが詐欺逮捕の原因でした。

あなたの契約書の記載事項には間違いはありませんか?

警察や消費者センターが介入したら大変です。

ネットで「特定商取引法違反、逮捕」と検索すると、逮捕事例がゾロゾロできてきます。

弁護士さんより、すごく怖い消費者センターの力とは?

LED照明販売、シーリング設置契約書の作成には、訪問販売に関する法律にもとづき作成しなければなりません。

つまり、〇〇〇〇などのさまざまな事項が法律で細かく定められています。一つミスをするとどうなるかお分かりですか? 業務の終了後に全額返金です。LED照明の器具や部品を取り返す法律上の権利もはく奪されます。

さらに、シーリング工事を行うかないかにより契約書の作り方が変わってきます。

これに違反するとクーリング・オフとなり、設置業務が完了した後でも据え付けたLED照明の物品をすべて撤去し(実は先ほどの説明から撤去する権利ははく奪されています)、代金の全額を返金しなければなりません。


このように契約書の作成には、クーリング・オフを回避するために、契約法である民法や諸法令などの体系的知識が絶対に必要です。 また、契約書がクレジットやローン、分割払いに対応するにはどうのような法律が関わるか検討しなければなりません。割賦販売法等の複雑な法律が絡んできます。この法律は複雑すぎてあなたを苦しめることになります。

契約書の作成・修正や相談は弁護士や行政書士の国家資格者しか行うことができません。 無資格者による契約書の作成は違法です。もし、このような業者がいたら、地元の弁護士会や行政書士会に通報してください。

依頼する側も共犯で罪に問われることがあります。

そして、このような無資格者が作成した契約書は必ずトラブルを起こすのです。

なぜか、法律を無視しても平気でいるような人に本当のLED照明販売契約書は作ることができません。

   
LED照明・電球販売、シーリング設置契約書作成の注意点

契約書の雛形はミスが多く、法令改正や書面不備が多く見られますので、クーリング・オフを受けます。

市販の契約書の使用はクーリングオフや工事代金の全額返金の危険性あります!

あなたのLED照明・電球販売、シーリング設置契約書が各種法令・行政法規に対応していますか?!

LED照明・電球販売、シーリング設置契約書の作成がなぜ難しいのか?



LED照明販売契約書面の間違いで~警察は詐欺で逮捕

あなたは、法律の勉強などしなくてよいのです。売上向上や集客に専念すればよいのです。


訪問販売やクーリング・オフに対応するLED照明・電球販売、シーリング設置契約書が必要である理由がお分りいただけましたか?

市販のものやネット上の雛形、印刷会社支給品などひな形では、クーリン・グオフに対応していません。

刑事罰(特定商取引法第72条)や行政処分の対象になります。

特定商取引法は罪が軽いので、警察は詐欺で立件する傾向があります。

書面不備や不交付で100万円以下の罰則の他に懲役刑が追加されます。

消費者センターや弁護士、あるいは警察が、必ずあなたを襲います。

必ずクーリングオフ・トラブルが発生し、代金の全額返金によりあなたの経営を圧迫し、最終的に廃業します。


あなたには法律の勉強する時間はありません


LED照明・電球販売やシーリング設置業務シーリングの依頼申込みについては、店舗以外のお客の自宅で行うのが通常考えられます。

このような場合は、訪問販売を規制する特定商取引法が適用されるのを、あなたは深く法律の学習しなければなりません。

あなたは、民法、商法、特定商取引法、割賦販売法、消費者法などの消費者関連法全般を学習しなければなりません。 あなたは、法律の無知であってはならないのです。

しかし、あなたには、そのような勉強をしなければならないという心配は必要ないのです。

今すぐにLED照明・電球販売、シーリング販売設置契約書と訪問販売の解説書が手に入るのです。

法務書面作成の専門家である私に質問しながら訪問販売に関する法律の理解を深めることができます。

当事務所では、クーリングオフや訪問販売に対応のLED照明販売・リース・設置工事契約書を作成いたします。 その他に無料特典として契約トラブル解決の秘密アイテム・解説書もお付けします。この解説書は訪問販売を行ううえでこれだけは知っておきたい必要知識が掲載されています。ネット上には載っていないノウハウです。





LED照明販売・設置契約書

LED照明設置の依頼は訪問販売か?


LED照明販売設置の依頼申込が、住居訪問販売に該当するか検討が必要にります。

訪問販売とは、本来飛込み営業やアポなしの突然の訪問に対して、法律の規制がおよぶものと一般的には思われています。

しかし、訪問販売は広く店舗・営業所以外の取引を規制(特定商取引法第2条1項)するものですので、LED照明・電球販売、シーリング設置業務に関してもサービスの性質上店舗・営業所外の取引が当り前です。

よって、LED照明・電球販売、シーリング設置業務についても消費者を相手方とするかぎり、訪問販売の規制がおよびと考えられます。

事業を行う者にとって、非常に難しい法律問題がからんでいて、厄介ですね。

LED照明・電球販売、シーリング設置などのクーリングオフ対応型の契約書の作成には、民法、商法、特定商取引法、消費者契約法、割賦販売法等の法律スキルが必要です。またいろいろな契約締結手続き場面において、法律の応用力がなければ契約締結にミスを招くおそれも考えられます。
訪問販売に関する契約書は、使いはじめは専門家の助けがないと使いづらいとお客様から相談されます。
完全な契約書でも、使用の仕方によってはクーリング・オフという事態を招きます。




LED照明販売・設置契約書の予防法務

LED照明・電球販売、シーリング設置契約書は必要か?


上記の説明の通り、LED照明設置業務はお客さまのところに訪問して申し込みが行われるので、訪問販売に該当します。

LED照明設置等が完了した後にクーリングオフ期間8日以降も、解約と代金全額の返金を言ってくることもあります。

事業者からこのような相談を受けます。

代金が高額であれば、事業者は不利益をこうむります。

契約書の作り方の間違いによっては裁判紛争に発展することもあり、あわてて当事務所にご相談されるクライアント様もいます。

だから、最高の対処法はクーリングオフに対応した完璧な契約書を作成することが必要です。


経営者様に訪問販売を行ううえでのノウハウを教えます

これから10年後生き残れる企業の条件とは、何か?


今、訪問販売を全面禁止する議論が活発です。

訪問販売は全面禁止になるのか。なった場合の対策はどうすればよいのか。

訪問販売に頼らないビジネスモデルはあるのか。

どうすればよいのか?


経営者様・事業者様に知っておくべき法律やノウハウ情報を記載したレポートで贈呈したします


当事務所にご依頼していただいたあなたに、レポートをプレゼントいたします!

ネットには掲載していない有意義な情報をお教えします。


当所に相談頂いたお客様からのご感想!

  • 〇〇〇〇(秘密のアイテム)のおかげで、クーリングオフを受けない。消費者センターがクーリングオフできないと言った。(福岡県)
  • 5年前に契約書の作成を依頼しましたが、1回したクレームを受けなかった。(東京都)
  • 報酬は高額ですが、安心が買えれば安い。(東京都)
  • クーリングオフを起こさないための契約条項のこの部分は専門知識がないのでどうしても作らなかった。先生に依頼してよかったです。(神奈川県)
  • ここまで作り込んだ契約書は今まで見たことがありません。(大阪府)
  • 秘密のアイテムとは何ですか?気になります。教えてください。(大阪府)
  • クーリングオフが以前に比べて大幅に改善されました。特に8日以降のクーリングオフは起こらないので、売上が安定しています。(埼玉県)

この古びたファイルには今まで作成した契約書のひな形のノウハウがぎっしり集積しています。あなたが欲しいものはこのファイルの中にありす。

 

美容医療外科院、全国展開されいる興信所、調査会社、探偵社、探偵業務委任契約書、LED照明・電球販売、シーリング設置契約書、リフォーム工事契約書、外壁塗装工事契約書、基礎工事(トラスト)リフォーム、健康食品販売契約書、太陽光発電システム工事請負契約書、太陽光パネルリース契約書、浄水器・布団・宝石各種販売契約書、資格教材販売会社、浄水器レンタル契約書、訪問購入契約書、貴金属買取契約書 、英会話教室契約書など多数です。

特定商取引法・消費者契約法編~相談事例集

  • LED照明販売、シーリング設置の依頼取引に関する法律にどのようなものがあるのか?
  • 住居訪問販売
  • 設置業務契約書
  • LED照明工事契約書
  • 工事契約書
  • シーリング方式・方法
  • 訪問販売の抜け道
  • 無料雛形、見本、書式、フォーマット
  • 市販の契約書はクーリングオフに対応していず、クーリングオフされます。


業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務