消費者センターや弁護士に勝つ
ちょっと無理な勧誘でも
クーリングオフを起こさせない
秘密のメソッド


ネット上に掲載していない法律ノウハウ解説書付き
詳細は下記をお読みください

シロアリ駆除契約書~クーリングオフを止める秘密


お電話による初回ご相談料/30分5000円~(無料ご相談不可。但し料金、依頼等の問合せは除く。) ※お電話受付(9:00~20:00、365日・土日祝日でも受付中)、メールは24時間・年中受付中(メールアドレスは下に記載)

訪問販売を行う経営者様・事業者様が経営戦略上知っておかなければならない法律やノウハウ情報(ネットに掲載してない有意義な情報)を専門家がお答えします。



クーリングオフによる売上減から、あなたを守る強い契約書が今すぐに手に入ります。


下記のようなときに、クーリングオフ期間の8日後であってもクーリング・オフされ代金全額返金...

  • 契約書の条項ミスでクーリング・オフ期間8日経過後でもクーリング・オフをうけ駆除済みでも全額返金した
  • 従業員がお客とトラブルとなり自社に責任が及ぶが・・・・対策はあります
  • 複写印刷式の契約書がクーリング・オフをうけるが・・・・なぜか分からない
  • ちょっと強引に販売してしまったときの対策をしていますか?
  • 契約書類に不備がありクーリング・オフ期間8日経過後にクーリング・オフし全額返金を主張してきたときの対応はどうしたよいか?
  • シロアリ駆除が完了した後に、契約書類の不備からクーリング・オフを言ってきたらどう対応したらよいのか?
  • 本人には納得してもらい契約をしたが、家族から反対された場合は、どう対応したらよいのか?
  • セールスに熱がはいり、オーバートークとなってしまったときの対応法は考えているか?
  • 消費者センターが介入して代金全額の返金を言ってきた・・・・
  • 高額請求をしてすぎて、警察が詐欺で逮捕・立件される
  • シロアリ駆除が失敗したときの対応がまずかったが・・・・法律的にどうなのか?
  • シロアリ駆除の見積書の作成は特商法のある秘密を知らなければなりません・・・・
  • 追加料金に法律の規制があるの・・・・?

当事務所では、あなたの会社の財産・家族の生活、そして従業員を守る『秘密のアレ...』を無料で差し上げます。

シロアリ駆除契約書のみでは

後日クーリングオフ・トラブルが起こします。

消費者センター、警察、弁護士があなたを苦しめます。

契約書に○○○○を証明する『秘密のアレ...』が付いてますか?


『秘密のアレ...』の詳しい説明は下記の無料特典のリンクへ

この『秘密のアレ...』は、こんな簡単な方法でトラブルを防ぐ優れものです。お客様から...


この『秘密のアレ...』が効いた

クーリングオフ・トラブルを回避できた

というご報告をいただいております。


ところが、この『秘密のアレ...』を作るには、法律の体系的な知識というバッググランドがあるのです。 容易なことではありません。

契約書作成スペシャリストで国家資格・行政書士暦12年の実績です。

私の豊富な法律知識と経験は、必ずあなたのお役に立つでしょう。

売上を減らすことなく問題が解消します

クーリングオフ・トラブルに強い

シロアリ・ネズミ・ハチ駆除業務契約書
欲しくありませんか!


あなたは、シロアリ・白蟻駆除契約にクーリング・オフ対策をしていますか?

これに対応していない契約書を使用しているお客から、しつこいくらい、 クーリング・オフに対応していない契約書は8日過ぎてからもクーリング・オフを受けるのかと聞いてきます。

お客が私に八つ当たりをする感じに聞こえます。

契約日から5年間までクーリング・オフを受けると答えています。

法律だからどうしようもないと答えるしかありません。最近...


契約書面の不備をついて

警察が詐欺で逮捕・立件する

相談が増えています。


高額なサービス契約は詐欺か?

さて最近は、高額なサービスを理由に警察に詐欺で逮捕される相談が多いです。 ネット上の雛形や印刷屋支給、複写印刷式の契約書を使っていたようです。

契約書の不備をついて、警察が詐欺で逮捕・立件するパターンです。 契約書の不備自体罪が軽いので、詐欺で立件する傾向にあります。

もし、警察に逮捕・立件されたら弁護士費用もバカになりません。うそを言ってサービスを請け負ったりしたら罰金が1億円(2016年改正)になります。




シロアリ・白蟻駆除契約書作成の注意点


売上を減らす、弁護士さんより怖い消費者センターとは!


ネット上の契約書のひな形はミスが多く、クーリングオフの危険性があります。


市販の契約書の使用はクーリングオフの危険性あります!


契約書の作成には緻密な学説や判例分析が不可欠です!



訪問販売対応の駆除契約書を使わないと・・・

高額料金を理由に詐欺で逮捕者も出ています!


訪問販売やクーリング・オフに対応するシロアリ・白蟻駆除契約書を作らない業者さん、意外に多いです。

また、契約書を渡しても不備や欠陥が多ければ意味がありません。

契約書を作らなかった場合や契約書に不備・欠陥がある場合、経済的損失またはリスクは深刻です。

例えば、クーリング・オフによる契約解除という民事的制裁、指示・業務停止命令等の行政処分(特定商取引法第7条・8条)などの制裁があります。

詐欺で逮捕される原因に
契約書の間違いやミスを

警察が突いてきます。


契約書の作成ミスが詐欺逮捕・立件の原因である。


仮に、駆除業務の契約を何らトラブルもなく締結し、その日の内に駆除作業を完了したとしても、後になってお客から

契約書面不備または不交付によりクーリングオフの行使というリスクがあります。

たとえ、駆除業務がすでに完了していると主張しても、駆除業者には代金の請求ができないというリスクを負います。(訪問サービス特有の法律)

これに対処するためには、訪問販売に対応するためのシロアリ・ネズミ駆除業務委託契約を作成する必要があります。


当事務所では、シロアリ・シロアリ・ネズミ・ハチの巣駆除契約書の作成を承ります。その他に無料特典として契約トラブル解決の秘密アイテムや解説書も無料でお付けします。

白蟻(シロアリ)駆除契約書の販売・料金条件は、このページの契約書報酬リンクから入って下さい。他のページのある契約書とは報酬条件が違います。



訪問営業は~あなたを犯罪者にする

訪問販売・営業には法律のきびしい規制がある


住居訪問で契約締結すれば、訪問販売になる。

シロアリ等の害虫駆除サービスが訪問販売となり、クーリング・オフに対応する契約書が必要であるのみならず......

依頼者の家に訪問して商品販売やサービスを依頼ときには、訪問販売を規制する法律が適用されます。

事業者の営業所や店舗以外の場所でのシロアリ害虫駆除サービスの申し込み又は契約締結は、すべて訪問販売と定義されていす。(特定商取引法第2条1項1号・2号)

よって、シロアリ等の駆除業務サービスは、お客様宅に訪問するサービスなので、原則的に訪問販売であると考えられます。



なぜなら、学説や判例分析に基づいて作成された契約書なので、クーリンフオフ・トラブルにめっぽう強いのです。


平成28年法令改正による
契約条項は最新ですか?!


当事務所では、クーリングオフ・トラブルのないノウハウ情報(消費者センター・弁護士も訴えることができないなど)の提供・高品質な契約書の作成を提供しております。


あなたは契約書を作る上で~民法の体系的な知識が必要

あなたは、強行規定と任意規定の違いが分かりますか?!


訪問販売の場合には、訪問販売やクーリング・オフに対応した駆除業務申込書面または契約書面を依頼者に交付が義務付けられます。

あなたは、申込書面と契約書面、あるいは法定書面の違いがわかりますか? 契約書の作成には、民法、特に債権法の体系的知識が必要です。

あなたは、裁判紛争を起させない、消費者センターを諦めさせる、弁護士が相手方の依頼を嫌がる条項条項を作りますか?

あなたは、上記のことが何を意味しているか理解できますか?

もし、これらを理解していないなら、あなたは間違った契約書を使いクーリング・オフをされるのです。



すでに業務完了済であるが代金を請求できない

契約書の作成ミスが原因です。すぐ修正しましょう。


上記の説明において、訪問販売やクーリング・オフに対応するシロアリ・ネズミ駆除業務契約書の必要性を強調をしました。

申込書面または契約書面に法定記載事項の不備があれば、 クーリング・オフ期間8日が経過していても、いつでも契約の解除をやられる可能があります。

それが契約日から5年間続くことになります。事業者にとって恐怖でしかありません。

駆除業務が完了したという理由でクーリング・オフできませんという事業者側の言い分はまったく通用しません。 消費者センターからもクーリング・オフだからお金を全額返金しなさいと命令されます。あなたを守る者は誰もいません。

クーリング・オフの行使を回避するための法律に則したシロアリ・ネズミ駆除業務契約書を依頼者に渡さないと、 事業者は不利益(解約に伴う違約金・代金などの請求が不能)をこうむることになります。




このため、駆除作業が既に完了している1ヶ月後に依頼者からのクーリング・オフを言ってくることに対処するための契約書が必要です。

また、駆除業者が駆除工事をすぐに着手しないで、依頼者に熟慮期間を与えて8日を経過してから工事をする方法もあります。

しかし、これでは効率が悪くなりますし、8日を過ぎればどのような契約書でもよいという訳にはいきませんので、いずれにしてもクーリング・オフ対応の契約書が必要になります。


シロアリ駆除契約書~特定商取引法対応



訪問販売には、いろいろなパターンの取引形態があります。訪問予告なしの飛込み営業型の自宅訪問販売が一番典型的な取引形態です。
その他に、営業所に呼び出す取引形態(アポイントメントセールス)も訪問販売に該当します。

以上の取引形態は、特定商取引法で規制されていて、いずれも自宅訪問販売に分類規定されています。

特定商取引法では、申込書面や契約書面の交付義務が定められています。

訪問販売には、特定商取引法に定められた契約書を買主に渡す義務があります。

「経営者様が知らなければ最低限の訪問営業の秘密」があります。

従業員に知られてはいけない情報が満載です。


ご依頼いただきました~お客様からの声

  • 〇〇〇〇(秘密のアイテム)のおかげで、クーリングオフを受けず。消費者センターがクーリングオフできないと言わせた。(福岡県)
  • 5年前に契約書の作成を依頼しましたが、1回したクレームを受けなかった。(東京都)
  • この値段で、安心が買えれば安い。(東京都)
  • 契約書のこの部分はどうしても作らなかった。(神奈川県)
  • ここまで作り込んだ契約書は今まで見たことがありません。(大阪府)
  • 秘密のアイテムとは何ですか?気になります。教えてください。(大阪府)
  • クーリングオフが起きないので、売上が安定しています。(埼玉県)
  • 先生のおかげで法律関係で指摘されるとういう恐怖心から解放された思いです。(長崎県)

この古びたファイルには今まで作成した契約書のひな形のノウハウがぎっしり集積しています。あなたが欲しいものはこのファイルの中にありす。

美容医療外科院、全国展開されいる探偵社、探偵会社、興信所、探偵業務調査委任契約書、シロアリ駆除契約書、床下換気扇工事契約書、高圧洗浄契約書、リフォーム工事契約書、外壁塗装工事契約書、基礎工事(トラスト工法)契約書、太陽光発電システム工事契約書、太陽光発電パネル販売契約書、浄水器販売契約書、健康食品販売契約書、浄水器レンタル業者、貴金属買取業者、訪問購入契約書、宝石販売契約書、セミナー受講契約書など多数です。

特定商取引法・消費者契約法編~相談事例集

  • 家シロアリ(白蟻)・ダニ害虫幼虫駆除。
  • 対策、種類、生態
  • スズメバチ、羽、殺虫剤
  • シロアリ駆除 解約トラブル対処法
  • 駆除作業終了後の契約解除もできるケースもあります。
  • 契約書の不手際
  • ゴキブリ
  • 害虫駆除業務委託契約書作成
  • 消毒、防カビ
  • 特定商取引法に対応する害虫駆除請負契約書の作り方
  • 床下調湿材敷き込み工事
  • 害虫等防除委託業務請負契約書
  • 消毒請負契約
  • 契約時にやらなければならないある事とは何か?
  • アポなしの訪問販売は違法か?

業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務