消費者センターや弁護士に勝つ
ちょっと無理な勧誘でも
クーリングオフを起こさせない
秘密のメソッド


ネット上に掲載していない法律ノウハウ解説書付き
詳細は下記をお読みください

お電話による初回ご相談料/30分5000円~(無料ご相談不可。但し料金、依頼等の問合せは除く。) ※お電話受付(9:00~20:00、365日・土日祝日でも受付中)、メールは24時間・年中受付中(メールアドレスは下に記載)

契約書作成の専門家がネットに掲載してないノウハウ情報をお答えします。


消火器販売契約書作成代行~クーリングオフ

消火器販売契約書の作り方の秘密のアレ...


クーリングオフに対応する消火器販売契約書は作成の仕方が特殊です。下記のようなときに、クーリングオフ期間8日後でもクーリングオフされます。

  • ちょっと強引に販売してしまった。
  • 本人には納得してもらい契約をしたが、家族から反対されそうだ。
  • セールスに熱がはいり、オーバートークとなってしまった。
  • 消費者センターが介入してきちゃった。
  • 高額商品で警察に詐欺で逮捕・立件される。

私の所では、このようなケースのときでもあなたを救う方法があるんです。

あなたを、有利に解決にみちびく秘密のアレ...を無料で差し上げます。

秘密のアレ...の詳細は下記の無料特典のリンクへ

消火器の訪問営業をするときは、契約書をクーリングオフ対応にするように作り直さなければ危険です。

市販の契約書ひな型はクーリング・オフに対応していません。あなたは、使っていませんよね。

このような通常の契約書を相手に交付したら、即クーリング・オフを受けることになります。


市販の契約書を使って詐欺で逮捕されます


サラリーマン風の普通の人が突然逮捕され、実際そのよう人に契約書の作成依頼を受けました。

消火器販売契約書を作成するに、体系的な法律の知識が必要です。

また不実告知による対応策も検討しなければならない。

ネット上の契約書をご自身の事業に合わせて契約条項を1条でも変更しますと、契約書全体を修正しなければなりません。

この修正の作業は、民法、特定商取引法、消費者契約法、割賦販売法等の法令集と照らし合わせて絶対に行ってください。

これらの法令等の知識をきちんとは把握した上で、修正する必要があります。

特に民法の債権法に関する法律体系の把握が絶対不可欠です。

断片的な法律知識では大怪我をします。

消火器販売契約書では1箇所の修正ミスでも、契約全体がクーリング・オフというリスクを抱えることになります。

1~2万円程度で一般販売されている契約書は、雛形の販売のみで修正に応じてくれません。

また作成・修正には、資格をもった行政書士や弁護士でなければ行うことができません。

当事務所では、クーリングオフに対応する消火器販売契約書の作成を承ります。その他に無料特典として契約トラブル解決の秘密アイテムや解説書も無料でお付けします。


お客様からご自身でお作りになったクーリングオフに対応する消火器販売契約書に関する相談を受けることがありますが、特定商取引法を理解していずに作成しています。
この法律を無視した契約書を相手方に交付する場合や、そもそも契約書自体を渡さない場合は、営業停止命令等の罰則やクーリングオフという不利益を受けます。


ルールを守らない業者が多いからでしょうか。

訪問販売にも不招請勧誘禁止の動きがあります。実質、訪問販売ができなくなることを意味します。



クーリング・オフ期間が8日なのに~5年に延長

クーリング・オフに対応しいない契約書は契約解除・全額返金

  • クーリング・オフに対応しない契約書を使った。
  • 市販の契約書を使う。
  • ネット上の契約書をそのまま使った。
  • 一見訪問販売契約書にみえるが。
  • 上記に関連して不備・欠陥・記載漏れがある契約書を使う。

お客に上記のような契約書をわたすと、5年間クーリング・オフを受けるというリスクを負うことになります。

これはクーリング・オフの行使権にも法律的に時効があることを意味します。

これは、あくまでも一つの事例にすぎません。

その他にも最近、高額商品や低品質を理由として

警察が詐欺で逮捕・立件する相談が増えています。

また、適格消費者団体による差止請求訴訟等のいろいろな問題があります。


消火器販売契約書は条項を間違えるリスク

消火器販売契約書に必要な13の項目とは?


クーリング・オフに対応する完璧な契約書があったとしても、実際の現場での契約締結場面でいろいろな問題を発生します。

民法、特定商取引法、消費者契約法、その他業法等の知識がない方は、このような問題に対処する応用がきかないのです。

よって、経営者様は通常業務と法律知識の研鑽を常にしていかなくてなりません。しかし、通常業務以外に法律の研鑽などできるはずがありません。

特定商取引法という法律で13項目にわたり記載事項が定められています。

当事務所が作成するクーリングオフに対応する消化器販売契約書は、契約時の記載ミスをなくすように記入事項をあらかじめ定型化し、記入事項を最小限におさえた工夫がなされています。

  1. 消火器販売契約書作成後、あらゆる消費者トラブルにみまわれると予想されます。
  2. 何時でも契約条項を変更できるようにワードファイルでお渡しします。
  3. 契約書の変更も1が月間無料で行っています。
  4. 記入項目を必ず埋めてもらえれば、法律の勉強は不要です。
  5. 営業に専念できます。
  6. 法務担当者や法務部は必要ありません。
  7. 何時でも契約条項を変更できるようにワードファイルでお渡しします。

消費者取引とは、商取引に該当しない一般消費者を相手方とする取引です。

訪問販売を営業方法として採用している事業者さんが、注意しなければならないのは当然ですが、訪問販売営業をしていない事業者さんも訪問営業の規制が及ぶケースがあります。


消火器の訪問販売なんかしてません


一見訪問販売には思えないような取引でも、特定商取引法が適用される場合があります。

何故か、法律は、事業者の営業所・店舗以外での取引を広く訪問販売(特定商取引法第2条)と定義されているからです。

訪問販売が、飛び込み営業のみだけを規制しているわけではありません。飛び込み営業を含む訪問販売を規制しています。

営業所以外といえば、消費者宅はもちもんのこと喫茶店、路上、食堂、消費者の勤務先などのいろいろな場所も営業所以外の場所に該当します。

消火器販売契約書~法改正により全業種に適用か?!

消火器販売契約書の必要性


2008年の特定商取引法改正で、政令指定商品制度が廃止されたことにより、従来は適用が除外されていた広範囲の業種にまで、法律が適用されます。

そのため営業所以外で消費者と取引をする場合、消費者からのクーリング・オフ手続きに対処する訪問販売契約書の必要性が求められます。


消火器販売契約書


クーリングオフに対応する消火器販売契約書とは、特定商取引法に定められた契約条項を記載した契約書のことです。

仮に、この法律で定められた事項を記載した契約書を契約の相手方に渡さなければ、書面記載不備を問われクーリングオフ権を相手方から行使されるというリスクを負います。

後日の紛争を防ぐためには、初期の段階から完全な訪問販売契約書を作成しなければなりません。


紛争がおこさない消火器販売契約書を約束します

当事務所が提供するのクーリングオフに対応する消火器販売契約書の威力


当事務所作成のクーリングオフに対応する消火器販売契約書は、相手方からのクーリング・オフによる圧力に対して阻止し、紛争解決を有利にすることができます。

訪問販売により取引を行う事業者は、通常の契約書を使用すれば相当のリスクを覚悟して下さい。

消費者や消費者センターからクーリングオフというほぼ絶望的な状況に追い込まれます。

「契約解除権の濫用」を主張して、長期の歳月を費やし裁判闘争に労力をつぎ込んだとしても、勝訴の見込みありません。

ではどうすればよいか、裁判に強い契約書を作成することを提案いたします。

    

経営者様が最低限知らなければ訪問営業の秘密

これから10年後生き残れる企業の条件とは、何か?


今、訪問販売を全面禁止する議論が活発です。

訪問販売は全面禁止になるのか。なった場合の対策はどうすればよいのか。

訪問販売を行わないビジネスモデルはあるのか。

メルマガへのご登録をしていただいた方に、レポート「経営者様が最低限知らなければ訪問営業の秘密」をプレゼントいたします!

従業員に知られてはいけない情報が満載です。


当所に相談頂いたお客様からのご感想

  • 〇〇〇〇(秘密のアイテム)のおかげで、クーリングオフを受けない。消費者センターがクーリングオフできないと言った。(福岡県)
  • 5年前に契約書の作成を依頼しましたが、1回したクレームを受けなかった。(東京都)
  • この値段で、安心が買えれば安い。(東京都)
  • 契約書のこの部分は作らなかった。(神奈川県)
  • ここまで作り込んだ契約書は今まで見たことがありません。(大阪府)
  • 秘密のアイテムとは何ですか?気になります。教えてください。(大阪府)
  • クーリングオフが起きないので、売上が安定しています。(埼玉県)

この古びたファイルには今まで作成した契約書のひな形のノウハウがぎっしり集積しています。あなたが欲しいものはこのファイルの中にありす。


美容医療外科院、全国展開されいる探偵業・興信所、調査会社、健康食品販売契約書、太陽光発電システム設置工事契約書、リフォーム工事請負契約書、外壁塗装工事請負契約書、高圧洗浄業者、基礎工事(トラスト工法)リフォーム契約書、浄水器販売業者、太陽光発電工事契約書、太陽パネル販売契約書、 布団販売契約書、広告代理契約書、宝石販売契約書、貴金属買取業者、消化器販売契約書、セミナー受講契約書など多数です。


消火器販売契約書~相談事例集

  • 消火器の販売にはクーリングオフが適用
  • 契約書に記載する必要事項とは
  • 特定商取引法の適用業種は原則すべてとなります。
  • 消火器
  • 訪問営業の法律とは
  • 訪問営業は原則すべての業種に適用されます。
  • 営業訪問に必要な書類
  • 訪問営業で使う契約書のフォーマットは
  • 住居訪問販売


      



業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務