お客さまから感謝の声

当事務所が作成した買取契約書のエピソード~大金を稼ぐ秘密のメソッド


契約書作成のご依頼を受けた方から、次のような感謝のご報告を頂きました。

あなたは出張訪問買取では、いろいろなトラブルが多いのをご存知ですか?

お客自身からのクレームの他に消費者センター、監督官庁(県庁)や弁護士からの契約に関する紛争の介入を受けるそうです。

ご依頼者さんは契約トラブルにあわれて

相手方の代理人弁護士と交渉したとのことです


弁護士から送られた内容証明郵便通知を拝見しました。要するに契約書の不備を指摘したわけではありません。

苦しまぎれの通知書であることが文面からうかがい知ることができます。

結局、「弁護士さんからあなたの契約書は完璧で隙がないとない」と言われ、結局裁判を起こされずに以後弁護士からは何の連絡も来ないとうことです。

クーリングオフ・トラブルを防ぐ秘密のメソット欲しくありませんか!


訪問買取契約書作成の説明書はない

当事務所でしかやっていないノウハウとは~緻密な判例分析が必要なのか!


訪問買取の判例はまだありません!

では契約書をどう作るのか?

出張訪問買取は出来たばかりの法律ですので、判例がありません。

あなたは、買取契約書を作るのに大変苦労されている事でしょう。 どうしたらよいでしょうか?

さー、ここが私の出張買取契約書作成ノウハウなのです。

似たような判例を探し出して作る事も一つの手ですね。

本当に、判例が確立していない訪問買取契約書の作成は苦労します。

法律の専門家ではない無資格者の印刷業者、コンサルタント、アウトソーシング業者、収納代行業者は法律相談、アドバイス、契約書の作成、修正、一部修正はできません。

これらの業者は法律の専門教育を受けていません。これらの業者から入手した契約書を使用するのは危険なことです。








業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務