契約書の作成は~緻密な判例分析が必要なのか?

1つは法令改正が頻繁に行なわれるから!


一般販売されている契約書やネット上にある契約書は、重要な事項や契約条項が抜けています。

そのまま使いますとクーリングオフになります。

クーリングオフ期間8日以降もクーリングオフをうけ、サービス料金の全額を返還しなければなりません。

あなたがお使いになる結婚紹介サービス契約書を専門家によるリーガルチェックは受けましたか?

これは、契約書の雛形の問題の一つにすぎません。他にも多数問題点があります。

例えば、契約書の雛形は法令改正に対応していますか?どのように調べたらよいかご存知ですか?

法令改正は、2・3年のスパンで改正されるということを把握していますか?

この改正を知らずに、契約書を使用するとどのような事態になるか想像できますか?

さらに、あなたは民法の知識がどの位理解していますか?

もし、不備のある契約書を相手に交付しますと、クーリング・オフ期間8日がすぎてもクーリング・オフという事態をまねくということを、あなたは法律の条文に基づいて説明するこができますか?

あなたは結婚紹介サービス契約書の作成や相談は無料であっても、資格を持った弁護士や行政書士にしかできないことをご存知ですか?

無資格者は法律の専門教育を受けていません。


特定商取引法と割賦販売法~2つの法律の理解が不可欠

特定商取引法には割賦販売法も必要!


契約書を作成する上で、以下のことを考慮しなければなりません。

クーリング・オフに対応する契約書の作成は...

これらの複雑な法令が関連しあっていて、一部の修正であっても契約全体に影響しますので、これらの法律の把握が必要になります。

  1. 特定商取引法
  2. 消費者契約書
  3. 割賦販売法
  4. 民法
  5. 商法
  6. その他法令




業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務