店舗や営業所以外での契約締結はクーリングオフ対応の契約書が必要

自宅訪問販売


アポなしの訪問営業は訪問販売となり、その訪問により契約を締結したときは、その契約はクーリングオフ等の対象になりなす。

また、アポ有り無しにかかわらず、店舗以外(自宅、ファミレス、喫茶店など)での契約の申し込みや契約締結を訪問販売とされています。

この訪問販売は、消費者関連法によって規制されており、消費者(注文者)はクーリングオフを行使することができます。

リフォーム請負工事は、店舗以外の場所での取引なので原則的に訪問販売を規制する法律が適用されることになります。


取引方法が訪問販売に該当するか?


貴社の取引方法が訪問販売が適用される事業者なのかどうかを判断するには、難しいものがあります。

特にクーリング・オフ可能か否かの判断基準は「店舗以外」かどうかということがポイントになります。

クーリングオフ適用の解釈基準は、ある程度の法律知識を要求されますので専門家に相談されるとよいでしょう。


訪問販売が適用される場合の対応!

貴社の取引または契約が訪問販売に抵触するか検証


リフォーム工事請負契約が、訪問販売を規制する法律に抵触するか検討します。

常識的に、予告なしに事業者の方から消費者宅に訪問するケースでは、訪問販売が適用されると考えられます。

住宅リフォームの中には、訪問してすぐに工事を着手し工事完了というものありすが、契約締結から工事着手まで相当の日数を要する工事もあります。

クーリングオフされますと、全てが無駄になります。


取引方法が訪問販売に該当するか?

クーリングオフに対応する建設工事請負契約書とは


訪問販売またはクーリングオフに対応するリフォーム工事請負契約書とは、注文主からのクーリングオフを回避するための契約書であり、判例・学説の緻密から分析した最強の契約書です。

だから、今すぐにお電話ください。




特定商取引法・消費者契約法編~相談事例集

  • クーリング・オフに対応していない契約書は、8日間のクーリングオフ期間経過後でも契約解除可能
  • 消費者契約法による契約解除 ・・・上記クーリングオフ期間を経過した場合。
  • クーリング・オフ権行使の時効は5年です
  • クーリング・オフ対処法
  • クーリング・オフ対処法
  • クーリング・オフによる対処法
  • 一般販売されている契約書の使用は危険はクーリングオフとなる。
  • 特定商取引法に対応する契約書






業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務