事業者は、未成年者との契約・取引には、十分注意が必要です。未成年者は、法律で保護されています。未成年者取消権により契約が取消されることも念頭の置いて契約しなければなりません。 お気軽にご相談下さい!

未成年者との契約・取引~未成年者取消権

未成年者に対する契約・取引


未成年者との契約や取引には、法律で保護されていますので十分注意が必要です。

20歳未満の未成年者との契約は取り消されるリスクがあります。

未成年者と契約をする場合は、親の同意が必要などの制約を受けますので、未成年者との契約する前に、契約相手方の年齢について確認が必要となります。

20歳未満の未成年者は、取引についての法律知識が乏しいため、法律によって保護されています。未成年者が契約などの法律行為をするには親の同意が必要になります。


未成年者取消権


親の同意のない契約等の法律行為は取消すことができます。

この未成年者取消権をなされない為に、年齢確認や親の同意を得るように事業者は細心の注意を払って下さい。

これにも、例外もありますが、ほとんどの契約を取消ことができます。

このように、未成年者と契約を締結する場には、親の同意を必要としますので、身分証明書などで年齢確認を行なってください。







未成年者取消権~ある秘密が...

未成年者取消権を有効に使いましょう


未成年者取消権は、契約当事者である未成年者本人から取消権を主張をします、親からも取消権を主張することができます。

未成年者取消権には、法律行為を取消したという意思表示を相手方に一方的に通知することで、

取り消しの効力は達成されますので、取消相手の同意は必要ありません。

この相手方に取消の意思表示を通知したことを、証拠として残しておくために〇〇〇〇〇を利用することが考えられます。

〇〇〇〇〇は非常に効果がある方法です。

さらに、注意点としてある事をしてはならないのです。それは何でしょうか?


未成年者取消権~相談事例集

  • 消費者契約法による契約解除はクーリングオフ期間を経過した場合。
  • 未成年者取消権
  • 未成年差者の法律行為は当然に無効ではありません
  • 未成年者に対する契約・取引
  • クーリングオフ
  • 経営者の注意項目
  • 商法に基づく営業許可とは
  • 親の同意権や年齢確認が必要です。
  • 業務委託契約書や請負契約の20歳未満の未成年者との締結

業務案内

行政処分対処法

探偵業務

法人設立業務

許認可申請業務

契約書作成業務